個人事業・フリーランス

【節税効果あり】青色申告のメリット・デメリット

2020年2月14日

ちー
こんにちは、青色申告者になって2年目のちーです!

開業届と一緒に『青色申告承認申請書』を提出して、青色申告者として確定申告しています。

開業するにあたり、ネットでざっと調べて分かったのは、「なんかよく分からないけど、青色申告のほうが節税できそう」ということ。

詳しいことはよく分かっていないまま青色申告者になりましたが、昨年初めての確定申告を終えて、「やはり青色申告にしていてよかった」と実感しました。

今回は青色申告のメリットとデメリットに関して紹介していきたいと思います。

メリット

①複式簿記で確定申告することで、最大65万円の特別控除が受けられる 
  ※2020年からは書面で出すかe-taxで出すかで控除額が変わる。

赤字を繰り越せる

家族の給与を必要経費にできる

家事関連費を必要経費にできる

減価償却の特例を受けられる

デメリット

・『複式簿記』という正規の簿記の原則に従った会計処理が必要 ⇒ めんどくさい?

青色申告のメリット

①最大65万円の特別控除が受けられる

青色申告をする上での最大のメリットがこれ、ということができます。

例えば収入から必要経費などを引いた所得が200万円の人の場合、65万円の特別控除が適応されると、200万円から65万円を引いた135万円に対してのみ税金がかかります。

白色申告では特別控除がないので、所得が200万円なら200万円に対する税金を納めなくてはいけません。

次の年度に払う住民税保険料は、確定申告で申告した所得を元に決定されるため、これだけでかなりの節税になります。

ちー
実際私も、確定申告のあとに区から届いた次年度の住民税・国民健康保険料の払込書を見て、「こんなに安くていいの?」とびっくりしました!

開業初年度で、会社員時代と比べて収入が減少したということもあり、純粋な比較にはなりませんが、会社と違って工夫次第で節税できるというおもしろさを感じましたね。

なお、最大の特別控除を受けるための注意点は、(1)複式簿記を行い、さらに(2)e-Taxで提出するか、(3)事前に税務署に申請して電子帳簿保存を行わなければいけないということ。

2019年までは(1)だけ満たしていれば65万円の特別控除が適応されたのに、2020年からは税制改正で(2)か(3)もクリアしなければいけなくなったんです。

2020年からの特別控除額

・白色申告:なし

・青色申告:
 ー 簡易簿記→10万円
 ー (1)複式簿記+紙で提出→55万円
 ー (1)複式簿記+(2)e-Taxで提出→65万円
 ー (1)複式簿記+(3)電子帳簿で保存→65万円

ちなみに私は、初年度から会計ソフトを使って複式簿記で帳簿をつけ、e-Taxで確定申告して、最大額の65万円の控除を受けています。

簿記や会計ソフトに関して、何の知識もなかった私がスムーズに確定申告できたのは、『青色申告会』という税務署がおすすめする団体の助けを借りたからです。

ちー
青色申告会については、この記事にまとめてあります
【簿記初心者必見!】青色申告で65万円の特別控除を受ける方法~青色申告会のススメ~

続きを見る

②赤字を繰り越せる

青色申告で確定申告する場合、赤字が発生したらその赤字を次年度に繰り越すことができます。(ただし3年以内)

開業してから最初の1~2年は、経費が収入を上回ってしまい、赤字になる場合があります。

何かとお金がかかるからにゃ~
ラウ

赤字が繰り越せると、儲けが発生した年度の所得と相殺できるので、節税の効果があります。

③家族の給与を必要経費にできる

自営業の場合、家族に事業を手伝ってもらうこともあると思います。

(例えば、夫が個人事業主として営んでいるお店で、妻が店番をする など)

青色申告では、事前に届け出ておけば、配偶者などの家族に支払う給与が経費として認められます。白色申告でも認められますが、金額に上限があります。

せっかくなら全額を経費にできたほうがお得ですよね。

ポイント

税金は、収入から経費を引いた『所得』に対してかかるため、事業を行うためにかかったお金は、できるだけ必要経費にすることで節税になる!

④家事関連費を必要経費にできる

私は自宅の一角を仕事場にしているのですが、家賃や光熱費も経費にしています。

青色申告では、事業で使ったことが証明できれば家賃や光熱費などの家事関連費も必要経費として計上することが認められているからです。

白色申告でも計上できますが、制限があり、青色申告のほうが認められやすくなっています。

ただし、全額を経費にできるわけではありません。

私の場合は、自宅の床面積のうち、だいたい3分の1を仕事場として使っているので、家賃の30%、光熱費の30%を経費にしています。その他には、携帯電話やインターネット料金の50%を経費として計上しています。

⑤減価償却の特例を受けられる

『減価償却の特例』ってなんのこと?
ラウ
ちー
例えばパソコンとか10万円以上する備品を買ったときは、普通は耐用年数に従って減価償却(何年かに分けて経費計上)しなきゃいけないんだけど、青色申告では30万円未満なら一括で経費処理できるんだ!

フリーランスや個人事業主の方で、パソコンを使わない人はほとんどいないんじゃないかというくらい、必須アイテムですよね。

だいたいのパソコンの価格帯は10~30万円なので、青色申告のこの特例を適応することで一度に経費処理することができ、非常に助かります。

パソコンのほかには、コピー機、カメラ、家電などが考えられます。

【仕訳】青色申告者ならパソコンを『少額減価償却資産の特例』で落とすべし!

続きを見る

ちー
青色申告にはたくさんのメリットがあることが分かったね
じゃあ逆に、デメリットはないの?
ラウ

青色申告のデメリット

デメリットはずばり・・・

複式簿記がめんどくさいこと

だと思います。

青色申告では、正規の簿記の原則に従った正しい会計処理、つまり『複式簿記』で申告することが求められ、確定申告時には『貸借対照表』と『損益計算書』を提出する必要があります。

ここのハードルが高く、青色申告に様々なメリットがあると分かっていても、白色申告を続けている人は多いとのこと。

ちなみに私は、「まあ、分からなければ税務署の人が教えてくれるだろう」という安易な考えで最初から青色申告者になりました。

結果的には、税務署ではなく、税務署から紹介してもらった青色申告会(月会費2,000円)に入会して会計ソフトの使い方を学び、e-Taxでの確定申告もサポートしてもらうことでハードルをクリアしました。

複式簿記と言っても会計ソフト内の決められた帳簿に①売り上げがたったら記帳する、②経費を使ったら記帳するという2つを繰り返していけば、ソフトのほうで勝手に必要書類を作ってくれます笑

会計ソフトはやよいの青色オンラインのような人気のソフトを使ってもいいですし、青色申告会から勧められたソフトを使ってもOK。

ちー
どう記帳すればよいか分からない時は、青色申告会にいって個別に質問しています

おわりに

今回は青色申告のメリット・デメリットを、これから青色申告者になる方の背中を押すような気持ちで、まとめてみました。

複式簿記のハードルさえ乗り越えられれば、いろんな形で節税をすることができます。

こんな簿記の知識ゼロの私でも、ちゃんと最大額の特別控除を受けられていますので、ぜひ挑戦してみてくださいね!

来週はいよいよ2回目の確定申告。緊張します・・・笑
ちー🍀

【簿記初心者必見!】青色申告で65万円の特別控除を受ける方法~青色申告会のススメ~

続きを見る

-個人事業・フリーランス
-

Copyright© 語学大好き🍀ちーのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.