PC関連 個人事業・フリーランス

【2GBまで】大容量ファイルをメールで送る方法

2020年5月19日

ちー
こんにちは、フリーランス翻訳者のちー🍀です

翻訳の仕事をしていると、資料や翻訳物など大容量のファイルをクライアントと頻繁にメールでやりとりします。

世に出る前の情報だったら、「送るときにパスワードをつけてください」と言われることも。

インターネットで『大容量ファイル メールで送る パスワード』と検索すると、さまざまな便利なツールがヒットします。いくつか試してみたのですが、個人的にラクスルBOXが一番使いやすかったので、これに落ち着きました。

今回は、ラクスルBOXを使った大容量ファイル送信方法をシェアしていきたいと思います!

ラクスルBOXとは?

ラクスルBOXは、ネット印刷大手のラクスルが提供するファイル転送サービス。

利用するにはラクスルの会員登録・ログインが必要ですが無料で利用でき、最大2GBまでのファイルを転送できます。保存期間は7日間。

ちー
無料で利用できるのがうれしいですね

利用方法~3ステップ~

やり方としては、ラクスルBOXにファイルをアップロード⇒URLを作成⇒そのURLをメールで相手に送り、そこにアクセスしてもらう形になります。

step
会員登録・ログイン

ラクスルBOXにアクセスし、会員登録を行います。

step
ファイルをアップロード

ログインが完了し下の画面が表示されたら、『ファイルを選択』か『ドラッグ&ドロップ』で送りたいファイルをアップロードします。

ファイル名に間違いがないか確認したら、『ラクスルBOX利用規約に同意する』にチェックを入れ、最後に『ファイルをアップロードする』をクリック。

メッセージは任意なので、特にない場合は空欄のままでOKです。

パスワードをつける場合は、『パスワードをつける』にチェックを入れ、希望のパスワードを入力します。※空欄にした場合は、ランダムのパスワードが設定されます。

step
ダウンロードURLをコピー

ファイルのアップロードが完了したら、ダウンロードURLをコピーして、メール本文に貼り付けます。

ダウンロード有効期限は、ちょうど1週間後になっています。

ちー
とても簡単にURLが作れました!

補足:メールでパスワードを送る際の注意点

このようにURL形式でファイルを送る場合、パスワードは通常別メールで送信します

これはメールを誤送信したときなどに、片方のメールを見ただけでは文書までたどりつけないというセキュリティー保護の意味合いがあるそう。

会社で教わったとき「非効率的だな~」と思いましたが、まぁ・・・
ちー

ただし、いざ別メールでそのパスワードを送るときに、下の方に自分が送ったダウンロードURLが残ったままでは、パスワードが意味をなさなくなります

パスワードを送るときは、下の方に表示されるURLを削除するか、完全に別メールにすることをおすすめします。

あとがき

ラクスルBOXはデザインもシンプルで、とても使いやすい印象でした。

大容量ファイルを送るとき、パスワードをつけて文書を送る必要があるときは、ぜひ利用してみてください^^
ちー🍀

-PC関連, 個人事業・フリーランス
-,

Copyright© 語学大好き🍀ちーのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.